アプローチ段階で打ち解ける方法

スクリーンショット 2019-02-06 10

営業活動をしてると、初対面の方と話す場面が多くあります。

あなたは、初対面の人と打ち解けるには、どうしてますか?

つまり、
相手が心を開いてくれて、どんどん話してくれる状態です。

自分なりに気をつけていることがあります。

それは、
相手に理解を示すということです。

もっと言うと、
相手に相手のことを理解していることをわかってもらうことです。

心理学テクニックで、「イエス・バット法」というのがあります。

どういう意味かというと、
相手の言葉をいったんは受け入れて、その後で変換するテクニックです。

つまり、たとえ、意見が合わない時でも
いったん承認してから、「こういう考え方もできるよ」と言うのです。

そうすることにより、
相手の心を開かせ、交渉をスムーズに進めることができます。

それを応用することで、
自分自身の感情、イメージ、思考をプラスにするトレーニングにもなります。

つまり、
マイナスの言葉や感情になったとしても、
そのあとに「しかし、〜だ」というプラスの表現を付け加えるのです。

たとえば、例として、
「今度の営業目標はハードルが高くて大変だなあ」と言うマイナス感情をまずは受け入れ、
そのあとに
「しかし、私なら絶対に達成できる!」
と肯定的な言葉を付け加えるのです。

人間の脳は、最後に言った言葉を記憶するようにできているそうで、
プラスの言葉で締めくくると、プラスの記憶として潜在意識に残るんだそうです。

ぜひ習慣としてみてください。
とてもいい効果が期待できますよ。

コメント


認証コード7217

コメントは管理者の承認後に表示されます。